【公務員試験】私の就活「民間企業との併願について」

公務員事情
公務員事情

私の就活は公務員試験100%と言っても過言ではありません。

正確には公務員95%、民間5%と言ったところ。

民間の5%というのも、大学3年時、夏期インターンを3社参加させて頂いた程度です。
しかも1dayインターンのみ

大学3年の9月後半以降は、民間企業はエントリーすらしておらず、8月に内々定を頂くまで公務員試の試験勉強しかしませんでした。

私の周りで公務員試験を一緒に目指していた人は、私のように公務員試験専願組が6割、民間併願組が4割といった印象です。

その民間併願組も公務員の試験勉強に追われ、受けた民間企業は1、2社という人が大半でした。

そこは正直、自分がどの程度公務員の志望度が高いかによると思います。

私は周りと比較しても公務員の志望度が高い方でした笑
その分、官公庁はそこそこ受験しました。

私は、民間企業の採用面接を受けていないため、公務員試験の面接試験と比較することが難しいですが、民間企業との併願をしていた友人の話を聞くと、

民間企業の方が面接の回数も多く、難易度が高いように感じたと言っていました。

公務員に求められる要素と民間企業の社員に求められる要素は、異なる点もあるため、一概にどちらの面接試験が難しいとは言えませんが、民間企業は、面接試験の比重が公務員試験に比べ圧倒的に大きい企業が大多数です。

そうした観点も影響して、私の友人は、民間企業の方が面接試験の難易度が高いように感じたとも言っていました。

民間企業を併願することで、面接に慣れ、公務員試験の面接対策にもなりますし、民間企業から内定を獲得することができた場合は、就職先があるという精神安定剤になります。

公務員試験の特徴の一つとして、内定通知の時期が民間企業と比較して遅い傾向がある点です。

早い段階から内定を獲得することで、多少は精神的に楽になるかもしれません。

公務員試験の筆記試験対策における進行状況に関して余裕のある方は、民間との併願をしてみても良いのではないでしょうか。

公務員試験を経験したものとして民間企業の就活とどう折り合いをつけたかといいますと、冒頭に述べました通り、私は完全に公務員専願でした。

民間企業も公務員も共に落ちてしまうという事態に陥りたくないという思いが強くあったためこのような選択をしました。

筆記試験対策に余裕がなく、企業に提出するエントリーシートを書くことや面接試験に時間をとられてしまっては、公務員試験は厳しいだろうと考えたためです。

私は、公務員の志望度が高く、専願という選択肢を取りましたが、民間との併願をするかしないかは、その企業の志望度や公務員に対する志望度によるため、人それぞれだと思います。

自分の志望先と相談して決めることが最善策だと思います

これから私が経験した公務員試験の体験を中心に投稿していきます。

よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました